スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セ・リーグ順位予想

紆余曲折ありましたが、12日にプロ野球が開幕しますね。
ではのーぱわー氏のセ・リーグの予想をしてみましょう。
今年はあまり野球情報を得られていないのでイメージによる部分が多いです。

1 阪神
2 中日
3 巨人
4 ヤクルト
5 広島
6 横浜

理由
1阪神
 城島は開幕に間に合うようですし、先発投手陣も昨年と違って充実しています。延長線がないルールで球児や久保田が存分に活躍してくれるような起用法を久保コーチがやってくれればそう負けることはないでしょう。昨年からの戦力のマイナスはほぼないと言え、プラス要素のほうが多い。後は、金本が守備をどれくらできるかに掛かっている。贔屓目に見るとうまくいけば独走もあるのではないか。

2中日
やはり磐石の投手陣、飛ばないボールの影響がどうなるか。昨年優勝から戦力の変化はほとんどないため、比較的成績が予想しやすいと思います。中日のウィークポイントは打線ですが、飛ばないボールで厳しい戦いを強いられると予想してマイナス評価。投手層は非常に厚いので阪神との一騎打ちになるでしょう。

3巨人
戦力はそれなりに整っています。ただ、飛ばないボールの影響でいわゆるドームランが少なくなりそう。投手陣にやや不安がありますが、山口や越智が復活すればなお怖い存在。戦力の入れ替えが大きいですが、実績のあるベテランリリーフがいなくなったのがどうでるか。澤村は期待できよう。

4ヤクルト
昨シーズンは序盤のマイナスさえなければ上位に迫れたはず。そう考えれば巨人に迫れそう。しかし、こういう監督交代のケースは意外と翌年はイマイチの気がする。可もなく不可もなくといったところのため無難に4位予想。やはり青木次第。

5広島
昨年からの上積み要素はほとんどない。上位4チームとはかなり差がついたが、今年も厳しそう。マエケン一人ではどうしようもない。そこそこの投手陣を準備できれば、Aクラスには近づけるか。我慢の年は続く。

6横浜
選手の入れ替えは12球団トップだが、内川の移籍は痛すぎる。石川、村田の二人だけでは話にならない。投手陣は期待できない。定位置脱出には劇薬が必要。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のーぱわー

Author:のーぱわー
風吹けば名無し@にわかなんJラー

検索フォーム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。